気まぐれ備忘録

名古屋の町おこしお兄さんを応援しているオタク

推しにお手紙書いてみた

 

オタクのファンレターの記事って誰のを読んでも面白い!ということで私も書くことにしました。

cz57.hatenablog.com

項目はこちらの方の記事なんかを参考にしました。

 

私はこれまでファンレターとは無縁だろうと思っていたし、推しを推し始めてからも手紙を書く気なんてサラサラなかったんですが、仲の良いフォロワーが手紙書いてみるというのに触発されて、気付いたら私も書き始めていました。接触に行っても「カッコいいですね…」しか言えないし、元々文章を書くのは大好きなので、1回書き始めたら書き終えるたびまた出したい!また出したい!と思うくらいになりました。

思い返して見ればこれまでの人生で人に手紙を送った記憶がなくて、しいていえば学生時代友達と授業中に手紙を回すということはやってたけど、まともな手紙なんて書いたことがありませんでした。でもデジタルの伝達手段が当たり前になったこの時代で、手紙を書くなんて推しカツしてないとしないのですごく楽しいです。

どこかのブログで見たけれど、今の時代お問い合わせフォームみたくファンレターも公式サイトにメールフォームとして設置するんでもいいんですよね。だけど未だにアナログのファンレター文化が根付いているのって何かいいなあって思います。

 

1.宛名

スタンダードにフルネーム+様。冒頭の行にはフルネーム+さんにしています。「くん」か「さん」で迷ったけど、相手年上だしなあとおもってさん付け。あと本文のときもそうなんだけど個人的にくん付けが最強照れるので無理だった。響きが甘酸っぱすぎる(?)。つじちゃんのこと「辻本くん」って呼んでるオタク強すぎる。*1

それと推しとか関係なしに礼儀として人様の名前は絶対丁寧に書かなきゃ…って思うけど、推しの名前書くのが1番緊張するし「辻本達規」って名前の書く難易度半端ねえ。文字のバランスが死ぬ。自分の名前であること差し引いても何であんな教科書みたいな字で書けるんだよ!!!って頭抱えてる。

話はそれたけど本文はサラサの0.4の黒ボールペンを使って書いています。冒頭に書く宛名だけメンカラの赤色で書いてる。これもサラサの0.4のやつ。消せるボールペンは消すと紙がめっちゃ汚くなるからあんまり使いたくない。間違えたときはごめんなさい…と思いながら修正テープを使っています。

差出人は本文の最後と封筒の裏にフルネームで書いてます。住所は郵送のときは封筒の裏に書くけど現場で渡せる時はいいや!って思って書いてません。

 

2. 書き出し

「こんにちは~」で始めてます。1番最初の手紙は本名名乗ってたんだけど、名前覚えてほしいんじゃなくて不審者じゃないよアピールで書いていたので、それなら最初に名乗らなくても本文の最後と封筒の裏で事足りるよねってことで名乗ってません。

あとガバガバな季節の挨拶挟んで「(イベント名or番組出演)お疲れ様でした!」って続ける。本文中の呼び方は普段呼び方通りのあだ名です。宛名のときは年上だからとか気にしてたけど、本文は全然気にしてない。接触のときもつじちゃんって呼んでるし、手紙でもそうしてます。

 

3. 本文

大体現場とか番組出演の感想です。大体というかそれが全て。でも最近写真集を出したのでそのことは書きました。現場や番組も全てについて書いてるんじゃなくて、これは!と思ったときに書いてます。

あとはもうずっと褒め倒す。本当は接触で直接褒め倒せたらいいのに全然言えないから手紙にしようという思いで書いているので、「この曲のこの表情が良かった!」とか「ここのパートがカッコよかった!」とか演技仕事のときは「○○のときの演技が××だと思ったからすごく好きだった」みたいな風に書きました。

マイナスなことは推しが読んだとき萎えると思うから書かないのもあるけど、1番はマイナスなこと思ってたらそもそも手紙書く気すら起きないので自然と褒め言葉ばかりになってます。でも毎回の仕事大体「推し天才!!!!!好き!!!!!」ってなるから、目立った仕事があるとウキウキしながら書いてます。

というか現場に全然行けてない地方住み在宅オタクが月に数回手紙出せるくらいのお仕事してるのが感謝の極みしかない…。

 

4. 締め

次の仕事楽しみからのご自愛くださいがデフォ。いつ休んでるんだ…?年に何回休みがあるんだ…?と思うので本当に体大事にしてほしい。何なら冒頭で「季節の変わり目だけど体調崩してないですか?」って書いてるくせに最後に「今の時期体調崩しやすいから体大事にしてほしい…」って2回書いちゃう。バカ丸出し。

最後にフルネームと書いた日付を書いて締めています。

 

5. 書く頻度

大体月に1~2回くらい。現場手渡しも郵送もする。次の現場まで1ヵ月空くってなったら郵送しちゃいます。何せ仕事量が多すぎて2週間前の仕事すらずいぶん昔の話だな…と思うレベルなので、次の現場を待って日が空くぐらいだったら現場手渡しより本人の手に渡るまでにタイムラグがあっても郵送で早いところ出したい。

 

6. 手紙の量

便箋2~3枚くらい。本当は2枚に収めたいけど、あれもこれも書きたいってなりすぎて3枚目突入したりする。さすがに4枚は多いかなと思って4枚目になりそうだと思ったらガッツリ端折って強引に3枚に収めます。文字数的には1000字ちょっとくらいにしたい。とにかく簡潔にまとめるのが苦手なのでごめん…って思いながらも、推し読書好きだし長い文章でも読めるよね!大丈夫大丈夫!と調子乗って書きすぎるダメオタク。

 

7. 手紙の種類

とにかくデザインセンスが死んでいるので、毎回同じ市販のレターセットを使ってます。今のところ変える予定はないです。手紙に限らず気にいったものを延々と使い続けるのが好き。無地に書いているとだんだん右上がりになってしまうので罫線は必須だし、枚数無駄に多くなるのが嫌なので1枚でたくさん書けるものが好きです。

あと一応男性に送る手紙だからデザインが華やかすぎたりフェミニンすぎるのは避けたい、かといって罫線オンリーなのも女が送る手紙か…?と思ってしまうので端の方にちょこっとイラストが描いてあるくらいのシンプルなものが良い。今使ってる便箋は私が求めるもの全部を満たしているので気に入っています。

 

8. 手紙を書く時間

イベント終わりに家で書いています。書く場所は家じゃなきゃ絶対無理。自意識過剰マンなので外だと周りの視線が気になるのと、話し声が聞こえると気が散る。無音状態で書きたい。だから家で書いているときも何も音楽聞きません。

本文は最初にEvernoteで文章考えてから、あとはそっくりそのまま手紙に書き写すだけというスタイルです。長くなりそうだったら端折ったり気分で言い回し変えたりするけど。最初はiphoneのメモに下書きしてたけど、PCとiphoneで同期できるからという理由で今はもっぱらevernote

 

9. 気をつけていること

これただひたすら容姿褒めにやたら文章を割かないです。妖怪・推しの顔大好きマンなので気を抜くと手が勝手に「顔がめちゃくちゃカッコいい」って書いてるし、頭おかしいときはいかにビジュアルが最高だったかを手紙の3分の1くらい使って書いていたんだけど、わざわざ手紙で書くことか…?と思い始めたので最新の手紙では容姿褒め封印しました。1回も書いてない。

それよりもパフォーマンスのここが良かったとかそういう話を具体的に書くように気を付けています。

 

こんなところです。私の知る限り推しが手紙について言及しているのを見たり聞いたりしたことがないので、読まずに捨てられているかそもそも手元に渡ってないとかそういう可能性もあるよなと思いつつ何かあるとせっせと書いてしまいます。

便箋選びから時間がかかっていることだから読まずに捨てられてたら悲しいけど、でも手紙が自分の手元から離れた後のことは考えないタイプなので送ったあとはどうにでもなれ!!!と思っています。結局気持ちを紙にぶつけたいだけの自己満足なので書き終わって送った時点で99%満足してる。

 

最後にどうでもいい話。

1番最新の手紙で「リアルのモチベ死んでたけどつじちゃんがテレビで頑張っているところを見たらモチベ出てきて頑張ってます」的なことを書いたら、今日届いた1番くじのメッセージカードが単なる偶然だけど手紙と一致するような内容のコメントだったからすっごく嬉しくて手紙書いといてよかったーーー!!!って思った。短いメッセージだけど言葉選びから全てが好き。推せる。

そろそろまた新しいお手紙を出したくてウズウズしている今日この頃でした。あと他推しがどんな手紙書いてるのかがすごく知りたい。

*1:でも非オタと他推しの「辻本くん」呼び死ぬほど好き