気まぐれ備忘録

名古屋の町おこしお兄さんを応援しているオタク

呼び方あれこれ

前回の記事にたくさんスターをつけてくださってありがとうございます!別界隈にも関わらず読者登録してくれた方もありがとうございます。本当に嬉しいです。辻本くんの話しかしないブログだけどいいかな…と思いつつ、楽しそうに書いてると言われて嬉しかったのでオタ活エンジョイしていることが伝わるブログを書いていきたいと思います。そんな今回は雑記回。

 

「推しのことはニックネームで呼べない」という話は本当によく聞くけれど、わたしは推しでもあだ名で呼べちゃうのであんまりそのへんの感覚がわかってないない。むしろ下の名前呼び捨て、くん(さん)付け、下の名前からとったあだ名がどうにも照れちゃってここ数年推し他メン問わず苦手。まあわたしが好きになる人大体名字の最初2文字+ちゃんなあだ名のことが多いので、推しでは下の名前問題には直面したことがないけど他メンが多くてよく頭を抱えている。

 

これはアイドルオタク特有の感覚だと思うんだけど、わたしはアイドルのあだ名ってめちゃくちゃ特別なものだと思っていて、単純に呼びやすくするためのものではないと思ってる。というのは国民的なアイドルってフルネームよりあだ名の方が浸透してません?女子ドルが顕著だけど「あやや」とか「ももち」「まゆゆ」「あーりん」みたく。Jだと「キムタク」「松潤」とか「ニノ」もそうだなあ。

あとはてブ巡回をしているとなぜかエイターだったり元エイターに遭遇することが多いんだけど(すばるくんの件があって名乗り出る人が多かったのもあるかもしれない)、わたし丸山担でした。まるちゃんも最近「丸山くん」じゃなくて共演者の方とか非オタからも「まるちゃん」って呼ばれてるのを多く聞く気がする。まるちゃんって本当に雰囲気柔らかくていつもニコニコしてるから「まるちゃん」ってあだ名ピッタリすぎる。

 

手の届かない存在でありながらどこか等身大のお兄ちゃんお姉ちゃん感も演出しないといけないアイドルにとって、広くあだ名で呼ばれるってすごくステータスなことだと思う。それはきっと多くの人から愛されているということとイコールだと思うし、自分のことをあだ名で呼ぶアイドルがいるのも、そういう状態を目指してるからなんじゃないんだろうか。わたしはアイドルが自分のことをあだ名で呼んでいるシーンが最高に大好きなんだけど、自分に「僕(私)はアイドル」って暗示をかけてるみたいで最高に大好き。だからか自分のことを指しているのに、どこか他人を指している感じがする。

 

だからわたしは将来多くの人から気軽にあだ名で呼んでもらえるようないっぱいいっぱい愛されるアイドルになってほしいという希望と期待をこめてその人が呼んでほしいと思っているあだ名で呼びたいという気持ちが強い。あとアイドルは積極的に自分のあだ名をアピールしていってほしいと思う。まあその人のキャラクターにもよるんだけど…。あだ名で呼ばれるのが似合う人を好きになりがち。

 

ボイメンはグループでブログを共有していて、記事をあげるときには誰があげたかわかるようにブログタイトルの後ろに自分の名前をいれてあげている。それがフルネームだったり名字だけだったり名前だけだったりそれはメンバーそれぞれなんだけど、辻本くんは「fromつーじ」ってあだ名を入れているところがすごく好き。

ameblo.jp

いや「週刊つじちゃん!」ってブログタイトル可愛すぎやろ。ビックリした。サムネにもビックリしちゃったけど!(脱ぎ芸は辻本くんの十八番なのでいつものことではある) 「ドラゴンズが負けてばかりだったからブログ書く気にならなかった」とか素直に書いちゃうところも愛嬌。

 

それで基本的に「fromつーじ」であげているんだけど、追記をしたときには「ついひ from つーじ」になる。最初どういう意味?と思っていたんだけど、「ついひつーじ(追筆+つーじ)」の意味だと知って発想の可愛さ優勝!!!!って大声出した。ちなみに辻本くんのブログの中でも神回との呼び声が高い(わたし調べ)、アメリカに移住しちゃうお兄ちゃんへ向けて書いたブログは「fromたつ」になっている。オタクへ向けた記事じゃなくて、お兄ちゃんへの私信ブログなのでつーじじゃなくてたつ。天才やろ…と思った。このことがあったから「休みがあったらどこ行きたい?」系の質問だとよく「アメリカに行ってお兄ちゃんと遊びたい」みたいに答えているところものすごく可愛い。

 

もはや話はそれまくっているけど、アイドルのあだ名にこだわりが強いタイプなので推しのことも最初は「つじちゃん」と呼んでいた。だけどオタク時間が経つたび呼び方変えがち。「つじもとたつのり」ってめっちゃあだ名量産しやすい名前で、勝手にあだ名作ったりなんやかんやしているうちに今は「つじぴ」に至っている。ただ本人に向かって「つじぴ」と言うのは気が引けるので(でもいつかマジで接触で口走りそう)、接触・ブロコメ・手紙のときは「つじちゃん」にしている。だけどそれはそれとして辻本くん呼びへの憧れがあったので、はてブでだけ辻本くんって呼んでる。「辻本くん」って響きが甘酸っぱくってめっちゃ好き。最初照れて呼べなかったけどだんだん慣れてきた。

 

名前といえば、辻本くんはサインがアイドルとして大大大大天才のそれなので見てください。

 

f:id:ff00_00may:20180825004049j:plain

 

「つじもと」という名字を50000000億%活用したこの!この衝撃の愛らしさ!辻本くんは「可愛い」と言われるのは苦手な硬派なタイプではあるんだけど、そんな性格からは想像できない女子ドルに負けない愛らしいサイン。天才。あと字がとっても綺麗。ブログでは暴力的な日本語が多いのでマジで先生目指してた…?と疑問に思うけど、字からは先生目指してたのわかる…と思わされる。握手会のときに「字すごく綺麗ですけどペン字かなんか習ってました?」って聞いたら「何もやってないけど、お父さんとお母さんが字が綺麗だったから」って言ってた。辻本くんはご両親が共に教師なので、それがあるのかもしれない。

 

そんな感じで今回はとりとめのない話でした。最後に宣伝。

あさっての月曜日に池袋のニコニコ本社で12時からリリイベやります!

ameblo.jp

フルメンバーじゃないんですけど、わたしの推しぴはいるのでお時間ありましたら是非!といっても平日12時からなので社会人のオタクには厳しいと思うんですけど、ニコ生配信するそうなのでニコ生からも!

live.nicovideo.jp

それとナゴヤドームの一般販売始まりました~!!!!

ameblo.jp

天井席確定でもよければ4000円から買えるので(まあこの席ほぼ間違いなく直前になって手売りで売られる席だと思うんだけど…ゲフンゲフン)、なかなか厳しい日程ではあるんですけどこちらの方もよろしくお願いします。マジでビッグな挑戦すぎてオタクもどうなるかわかんないんだよなこれ!!!!本当に蓋を開けないと成功するか失敗するかわからないやつ。怖いやら楽しみやらだな~~!!!ともかくこの日に備えて双眼鏡貯金をしたい。