気まぐれ備忘録

名古屋の町おこしお兄さんを応援しているオタク

ボイメンのオタクが松村北斗くんを見つけた話

はてブやってるからにはこういうタイトルでブログ書いてみたかった~~~~~~~~~!!!

というわけで今回は本当にSixTONESの話します。以前の記事にSinTONES気になってるみたいなことは書いたんだけど改めて整理してみる。重複している話もある。というか大体重複してる。あと長い。

 

これジャニーズのブロググループにも投稿してるのでそこから来てくださっている方がいるかわからないけれど、その方へ向けてちょっと自己紹介。いつも読んでくれている方は読み飛ばしてください。

わたしは普段はBOYS AND MENという名古屋の町おこしお兄さんを応援してます。その中でも赤色の辻本達規くんのオタクをしています。

今日も作画天下一だな~~~~~~~~~~~!!!愛した。ちなみにジャニーズに関しては元々はエイターだったけど今DD状態。ジュニア全然わかんないというスペック。そんなわたしが不慮の事故的に松村北斗くんに出会ってしまったのでその話を今度こそする(前回はむちゃくちゃ話それた)。

 

きっかけは仲の良いフォロワーがSixTONESに沼落ちしたことだった。そのフォロワーは元々ボイメンで繋がったんだけど、ここ最近ジャニオタデビューを果たしジャニーズWEST担になっていた。ちなみにわたしのジャニーズWESTだったらToxic Loveって曲がめっちゃ好きなんだよね」というツイートがきっかけらしい。そこから転がり落ちるように桐山担になってて笑った。

それがここ1~2か月で知らないうちにSixTONES担を掛け持ちしていた。別のフォロワーとサマパラに行っていて、どちらも性癖に信頼のおけるフォロワーだったのでそれだけでちょっとついていきたいと思った。もちろんリリイベみたいに行きたくなったら行けるみたいな現場じゃないことはわかってるしチケットは結構な戦争だったらしい。あとその時点でのわたしの知識はSixTONESってなんかバンドやるところだっけ?(※Love-tuneとごっちゃになっている)」程度だった。かろうじて「すとーんず」と読むことを知っていたレベルである。それとフォロワーのせいで森本慎太郎くんっていう桐山照史に顔が鬼似ている子がいることも知ってたくらいだったのでフォロワーが現場をエンジョイしているのを見守っていた。

 

まずそもそも炎天下のリリイベで金がなかったし。「炎天下はユニバ(ツーショ)で積むからリリイベはそんなに積まないわ~」とか言ってたくせに関東でリリイベがあるとついつい行っちゃうし1回に積む枚数少なくても行く回数が多いと積んだ枚数いつも通りになってしまう。というかユニバも進化理論のときより積んだ。ウケる。ユニバくんが学習能力0でいつまでもアクセス集中によるサーバーダウン対策を打ってくれないので、今回注文確定のところで1時間以上エラーに弾かれ続けていたら気づいたら推しの東京回でのツーショ券が売り切れてしまった。腹が立ちまくり冷静な判断能力を失ったわたしは名古屋までツーショを撮りにいくことにした。この時点ですとに出会ってたらユニバは潔く干したよ~~~~~出会うのがちょっと遅かった!

 

すとの知識は0だったけど、性癖に信頼のおけるフォロワーがハマっているものっていっちょかみくらいはしておきたくなってしまう。そういえばすとでもう1つ知っていたことがあったんだけどそれが「JAPONICA STYLEとかいうヤバい曲がある」ということだった。

www.youtube.com

本当にマジでヤバい天才の曲じゃん(偏差値3)!!!!としか言えなかった。和テイストはマジでオタクみんな好きなんだけど(クソデカ主語)、の割に英語歌詞もまあまあ多い和洋ぐちゃまぜカジュアル感が更にツボにハマる。はてブでオタクが騒いでた通りマジの天才曲じゃん!!!!と思いながら、この時点では曲が好きでグループに特に興味が沸いたわけではなかったので、他の動画を見たりはしなかった。

だけどこのときの松村北斗くんのおたくがかんがえたさいきょうのサブカル系男子みたいなビジュアルがゴリゴリに性癖刺さりすぎて、松村北斗は秒でググった。

松村北斗 - Google 検索

めちゃくちゃトレンド顔すぎる~~~~~~~~~!!!!!キャラデザがトレンドを完璧に押さえていて100点満点。作画監督完全に昨今のオタク女(ジャニオタに限らない)の需要取り入れててズルいじゃん……と目頭を押さえた。

でも!でも!わたしは元々ジャニーズで言ったら加藤シゲアキくんみたいなおめめパッチリザ・正統派美形な顔立ちがむちゃくちゃ好きなので(というかこの宇宙で1番好きな顔)、じゃぽにかのビジュアルは好きだけど顔立ち自体はそんなタイプじゃないなって思った。

それはそれとして昔から黒髪の似合う男性が大好きで、グループの写真見せられると大体黒髪の人に吸い寄せられる習性があるので、依然として「すとの中だったら北斗くんかな~」というのは変わらなかった。でもそれこそNEWSだったらシゲアキさんとか、嵐だったらニノとかそのくらいの雑談レベルのノリ。

あとこのことを言ったらフォロワーから「じゃあ北斗くん推そうよ~~」と言われたんだけど「いや顔がタイプじゃないし…」とめちゃくちゃ断った。今の推しの顔がとっても大好きすぎて顔の好きな男推す楽しさを知ってしまったわたしは、顔がタイプじゃないアイドルを推す気にならなかった。すぐに手のひら返しすることになるけど。

 

このやりとりの翌日だったと思う。理由は思い出せないけれどとにかく「何か暇だな…そういえばフォロワーがSixTONES好きだから動画見てみようかな」と思った。とりあえず目についたjungleを見ることにした。

www.youtube.com

は!?!?!?!?何コレ天才かよ!?!?!?!?と秒でズドン。

わたしは元エイターで、今はボイメンを推していて、どっちもシングルだと明るくて騒がしい曲が多い。エイトは今は違うからパブリックイメージって感じだし(それももう変わりつつあるかな?)、ボイメンにいたってはシングルに限らずカップリングもアルバム曲もほぼ全て明るくて騒がしい曲なんだけど、要するに三枚目路線に慣れていてこういうワイルド系って完全に専門外だった。なのに今回「かっけえ~~~!」を通り越して「やばいマジで好きになりそうどうしよう」まで到達してしまった。

いやもう多分ボイメンを推していて、シングルもカップリングもアルバム曲もほぼ全てが明るくて騒がしい曲なのであんまりにもセクシー系の曲に対する飢餓状態が深刻だったんだと思う。1年ちょっともの間継続していた飢えがものの数秒で吹き飛ぶやつだったのだ。脳内麻薬がありえんくらい出た。しかもこれ初披露の曲かつセトリ1曲目だったんですよね?あまりにも強気。

 そして北斗くんがドドドドドドヤバかった。何かもうとにかくエロい。むちゃくちゃエロい。語彙力がないのでとにかくエロい以外の感想が出力できないんだけど、あんまりにもエロくて、前日にフォロワーに「北斗くん顔タイプじゃないから推さない…」と食い気味で断ったことなんて吹っ飛んで「北斗くん沼では………????(片足突っ込んでいる顔)」となった。

 

この時点でだいぶ深い傷を負っていたんだけど、かろうじて息はしていたのがAmazing!!!!!!で完全にとどめを刺された。脳みそが全部液体になって蒸発した。

www.youtube.com

「夢はまだまだだが デカくraiseだ旗 四面楚歌 not matter Amazing」の「Amazing」のとこのバカエロい顔に電流が走った。

バカエロいっていうのはバカみたいにエロいっていう程度の表現であって、北斗くんのエロさは品の良さがあると思う。教養を感じる。とにかくそのときの表情見た瞬間「この子だ!!!!!!!!!!」という電流が駆け抜けてしまって、あ~~もうこれはダメだな…と思った。この一瞬のシーンに電流が流れてしまう感覚、経験則から言って推し神様が降りてきた瞬間なんだよな~~~!!!!北斗くんのパフォーマンスもう完全に好きなやつだ……と思ってしまうし、見てて楽しい!もっと見たい!ってなってる。オタクの血が騒いだ。

あとパフォーマンスはKAT-TUNを彷彿とさせる不良系だし黙ってると怖そうなんだけど、みんな口を開くとボケ合戦だったり軽率に一発芸や団体芸をしたり謎のゲームが考案されたり笑いのレベルが本当に高い!パフォーマンス力の高さはもちろんのこと、この喋ると面白いというのがさらにわたしのオタク心に火をつけた。

 

確かに今は財布を完全にボイメンを握られている。他のジャンルに回す金がマジでない。だけど数か月前から「単推し情緒不安定になりすぎるからもう1人推しがほしい……」と言い続けてきた。でももう新しいものを好きになる感覚忘れちゃったのかなってくらい他への興味がわかなくてこりゃずっと単推しかも…と思っていたところに、SixTONES松村北斗くんに出会った。絶対にこの巡り会いを逃しちゃいけないと思った。推しだろうと担当だろうとつくるものじゃなくて落ちるものだから、ここ逃したらまた次いつ推し神様降りてきてくれるかわかんない!というか推し神様が降りてきたくらいの出会い素直に大切にしたい。

 

それでも久々にジャニーズに舞い戻ってくると「担当」という言葉の重みを持て余してしまっていた。わたしはそんな担当論にこだわりないので「担当」はジャニオタ流の「推し」の言い方程度にしか思ってないんだけど。でもなんか言葉が重いし、軽率に名乗っていいんかなあ~~~というのを今に至るまでずっと考えている。ボイメンの現場でもそんなことを考えていたらイベントの間ちょっと上の空になってた。まあもう北斗くんなんかめっちゃ好きなんだけど~~~好きとも推せるとも言えるけど「担当」はめちゃくちゃヒヨる。

とりあえずジュニア情報局も入会したし、フォロワーに「テレガイヤバいから早く買え」って言われて買った。北斗くん腹筋すごい綺麗だった。自他ともに認めるインドア系なのに腹筋綺麗に割れててガタイ良いのちょっとよくわかんない。キャラ設定に一貫性持たせてくれ~~~~~すき!!!!それで今週に渋谷に行く予定があるのでついでにジャニショに行く計画を立てている。まあまあオタクの行動をしているような気がする。でもジュニア担ってみんな基本的に何してるのかわかんな~い!!!どうしたいいんだろう!と思いながら本能に任せている。

 

とはいえ事実上の二推し状態になっていると思う。掛け持ち状態というか。暇さえあればすとの動画を見ているけれど、でもボイメンの情報も今までと変わらず追っている。あと1回くらい関東でリリイベないかな~と思っているし、リリイベあったらこれまでと変わらず辻本くんに積んでると思う。まあ直近の接触爆死しすぎてスランプになってるけど~~~!!!つらい。だけど9月も現場はてんこもりなんだけど、リアルの事情でどれも行けそうにないので来月のツーショイベまで現場の予定がなくて、ここで気持ちとか優先順位が変わるかもしれないというのはあるけど、それに関してはとりあえず自然に任せてみようと思う。

あとは1年ちょっと辻本くん推していく中で、オタク特有のメンヘラ期を何度も繰り返しオタクとして健やかな精神衛生を保つにはどうするべきか、を少しは学習したつもりなので、SixTONESのオタクとして生きることになったら絶対賢く健やかに生きてやるという野心がある。健やかに生きていくぞ~~~!!!!

 

ここまで書いておいてこの記事結論なくて困った。元々近況報告だから結論もオチもない。早く「ボイメンのオタクがSixTONESのコンサートに行ってきた」的なタイトルで記事が書ける日を心待ちにしています。